カンファペットの成分

カンファペット 成分

ペットの消臭剤を購入する時、気になるのが使われている成分ですよね。

 

ペットは部屋中を移動するのでいつ、どこを舐めているかはわかりません。

 

床に美味しそうな食べ物が落ちていれば、ペロペロと床を舐めてしまうペットもたくさんいます。

 

そこで、カンファペットは本当に使用しても安全な消臭剤なのか配合成分をチェックしてみました!

 

配合成分

カンファペットの成分は

 

不純物を除去した純水

次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認定食品殺菌剤)

酸性剤(厚生労働省認定食品添加物)

 

の3つであることがわかりました。

 

次亜塩素酸ナトリウムは弱い菌から強い菌、ペットのウイルス、室内のインフルエンザ対策など幅広く使える強力な消臭・除菌成分ですが強アルカリ性でペットが舐めると危険なのがデメリットな部分。

 

次亜塩素酸ナトリウムはトイレやお風呂場の掃除で使われる「混ぜるな危険」と書かれた除菌剤と同じように、酸性と混ぜると有毒な塩素ガスを発生させてしまいます。

 

「え!?じゃあめちゃくちゃ危ない消臭剤じゃん!?」って思いますよね。私も初めはめちゃくちゃ不安になったんです。

 

ですが、カンファペットは「ペットに無害であること」を第一に抱え、この次亜塩素酸ナトリウムの効果を維持しながら独自技術(ハセッパー技研)で無害な成分に変えることに成功しました。(カンファペットの安全性は第三者機関によっても確認)

 

 

この技術のおかげでカンファペットは全くの無害の消臭スプレーとなり、たとえ目や口に入っても安心な衛生水なので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えることができます。

 

なのでカンファペットは第一にペットへの安全性を第一に考える飼い主さん向けの消臭剤です。

 

ペットの消臭剤は「効果・効率」を重視し、ペットの命よりも消臭力に力を入れているものもあります。

 

また大容量の激安ペットの消臭剤は本当にペットに使っても安心なのか信頼性が乏しいです…。

 

P

ペットの消臭剤で得たいのは強力な消臭効果よりもペットと快適に過ごせる生活空間のはず。

 

ペットも好きで臭いを発してるわけではありません。

 

飼い主とペットが共に気持ちよく過ごせる空間を作る事が最終目標であり、それを実現させてくれるのがカンファペットの魅力とも言えます。

 

また、本当に必要なものだけが配合されているので余計な費用負担もなく、家計に負担がかかりにくいのも嬉しい配慮です。

 

カンファペットが気になる場合は、返金保証制度があるので一度お試しで使ってみてる価値はありますよ^^

 

 

30日間の100%返金保証お試し注文はこちら

↓↓↓

カンファペット