中古住宅のペットの臭い対策

中古と言えど、せっかく購入した家に他人が飼育していた動物の臭いがこびりついているのはイヤですよね。

 

動物の臭いの脱臭に1番いいのは壁紙や床材の張り替えですが、見た目的に劣化が酷くなければ、費用もかさむし、できれば現状のまま入居したいのが本音。

 

購入した家にペットの臭いが染みついている場合は、ハウスクリーニングもいいですがまずは自分でできることから行いましょう。

 

床と壁紙は重曹やクエン酸で磨くと汚れも取れ、脱臭効果が高いです。タバコの臭いやヤニ汚れにもかなり効果的です。

 

床がカーペットの場合は重曹を直接カーペットに撒いて、しばらくしてから掃除機で吸うと楽で効果的です。

 

そのままパラパラと重曹を撒くよりも、お湯に重曹をたっぷり溶かして雑巾でゴシゴシすると臭いの取れが高まります。

 

そして清掃後は重曹やクエン酸を水に溶かした手作りスプレーをシュッシュして家中の臭いにも対策しましょう。

 

それでも臭いが気になるなら脱臭機の設置が理想的です。脱臭機の場合空気清浄機よりかなり効果があります。

 

ペットの臭いがどうしても気になる家庭なら一つあっても良いアイテムと言えるでしょう。

 

家全体の消臭に使用する消臭剤はクエン酸があると便利ですが、どうしても臭いがとれない場合はカンファペットがおすすめです。

 

市販の消臭剤、ホームセンターで売られている消臭グッズでは取り切れない臭いも安全に消し去り、臭いに敏感な方にも愛用されています。