カーペットに染みついたペット臭を消す方法

粗相をした犬

犬や猫を飼うと必ずといってもいいほど粗相をされてしまう場所がカーペットですよね。

 

滑り止めとして、お子様がいるといった理由で床にカーペットを敷かれているご家庭も多いと思います。

 

切り離せるタイプならまだしも、大きなカーペットに粗相をされてしまうと洗うのも大変です。

 

ここではカーペットに粗相されて染みついてしまったペットの臭いを消す方法をご紹介します。

 

消臭剤

まず、カーペットにしみついたペット臭(粗相)は、軽いものなら市販されているペット用消臭スプレーや、熱湯を浸したタオルで吹くだけでも臭いが薄まります。

 

まずは臭いの原因となるオシッコをペットシーツでできるだけ吸出し、これらのグッズを使って対策をしてください。

 

市販の消臭剤ではトイレ臭が消えない場合は酸素系漂白剤を使う方法があります。

 

お湯で薄めた漂白剤をタオルに染み込ませ、カーペットを叩くように濡らしていきます。

 

1時間ほどそのまま放置した後に、ドライヤーを使ってしっかりと乾かします。臭いが残る場合には、以上の作業を何度か繰り返すと臭いをとることができます。

 

また粗相以外のペット臭には、重曹とお酢を使う方法がおすすめです。

 

お酢と水を1:1で混ぜ合わせ、それをカーペットに充分染み込ませ30分ほど放置します。

 

その後に水分をタオルドライかドライヤーで取り除き、重曹をカーペット全体にふりかけて一気に掃除機で吸い上げます。

 

臭いがきつい場合には2〜3回繰り返すと効果的です。身近な重曹やお酢は比較的安値で購入できるので、大量に使っても経済的にお財布に優しいのが嬉しいですね。

 

ただ、酸素系漂白剤はペットへの安全を考えるとおススメができません。

 

濃度を間違えるとペットだけではなく人にも負担がかかり、健康を害してしまう恐れもあります。

 

またびしょびしょに濡れたカーペットをドライヤーで乾かすのも大変ですよね。

 

そんな時におススメしたいのがカンファペットです。

 

カンファぺットはペットへの安全性はもちろん、吹きかけるだけでOKなので、わざわざドライヤーで乾かす必要もありません。

 

ペットの命を第一に考える飼い主さんが最終的に辿り着くペット消臭剤がカンファペット。カンファペットの成分を見れば他の消臭剤よりもずっと安心して使えて、かつ消臭効果が高いのがわかります。

 

今SNSでも話題なので、安全を第一に考慮した上で強力な消臭剤が欲しい!という方はお試しで使ってみてくださいね。

 

カンファペット購入ボタン