ファブリーズがペット用消臭剤として不向きの理由

ファブリーズ

ペットのあらゆる臭いを消す時に、多くの飼い主さんが初めに手にするのがCMでも有名なファブリーズではないでしょうか?

 

ファブリーズにペット用消臭剤もあるので、あのオシッコ臭さはこれで消そう!と思いますよね。

 

ですが、実際にファブリーズのペット用消臭剤を使っても、あまり有効ではないと感じる飼い主さんがほとんどです。

 

また、ファブリーズは危険といった話も聞きます。

 

ではなぜファブリーズはペットの消臭に不向きとも言われているのでしょうか?

 

まず一つ目の理由に配合成分が挙げられます。

 

ファブリーズの成分のひとつにQuat(第4アンモニウム化合物)が含有されています。

 

これはあくまで「モノ」に対して噴霧することを想定しており、ペットに対して噴霧することは想定はされていません。

 

虫よけなどと同様、ペットは何でも舐めてしまうのでペットがファブリーズの成分を直接口にしてしまうのは想定しなければいけません。

 

ファブリーズの成分と商品説明をよく見ると、安全面では、もし人に対して付けた場合、「家庭で使う範囲を超えた場合に限り健康被害が出る恐れがある」という書いてあり、わざと吹きかけたり飲んだりしない範囲では人体に異常は出ない記載されていますがカンファペットと比較すると安全性に劣るのは言うまでもありません。

また消臭剤として使ったところで、ペットの体臭に対してマスキング効果(臭いをかぶせること)にしかならず、根本的な臭い対策にはならない問題点があります。

 

一時的に臭いが軽減されたと感じるかもしれませんが、マスキング効果が薄れれば、また臭いが出てきてしまうのです。

 

市販で購入できる消臭剤は安価で手に入るのがメリットですが、ペットの臭いをケアしたいのであれば配合成分に気を付けなければいけませんし、消臭方法を確認しなければいけません。

 

ペットの種類によっては体臭が強く出る子もいるので、自分のペットの体に直接塗布したとしても安心して使える消臭剤を選んでくださいね。

 

当サイトで紹介しているカンファぺットはペットに直接吹きかけても舐めても大丈夫なコスパ◎のペット用消臭剤です。

 

安心して使えて、飼い主の評価が高い消臭剤を使いたい!という方はカンファペットがぴったりです。

 

カンファペット購入ボタン