ペットの口臭の原因

ペットが口をペロペロしてくれるのは嬉しいですが、そんなペットとのコミュニケーション時に口臭が気になったことはありませんか?

 

よく見ると歯茎も汚い、そうえいば歯磨きも全然してない…と気づいたら飼い主としてペットのお口事情に気を配ってあげなければいけません。

 

まず、普段飼っているペットの口を開けて、歯や歯茎の健康チェックを日課にしましょう。

 

そんなのペットが嫌がって逃げてまい、のぞきこむ事も出来ないというのが、実際のところかもしれません。ですが、だからといってそのまま放置するのはペットのためにはなりません。

 

ペットの口臭が気になるという事は、歯垢がたまり、たまった歯垢が石化して歯石になり、ザラザラした歯石の周りにまた歯垢がたまる、という悪循環が繰り返されている状態です。

 

本来であれば、健康な動物に虫歯や口臭は殆んどありません。それは、口内の細菌やウイルスを退治する免疫力が高いからです。

 

動物にとって口元は命をつなぐ大切な場所です。野生動物では食べることができなければ死を意味します。

 

そのため動物の口は特に免疫力が強いのです。

 

ですが、人間に飼われているペットは加工されたペットフードを食べ、美味しいおやつも毎日のように食べています。

 

嗜好性が高いフードやおやつを食べる習慣があるのにも関わらず、歯磨きをしないため歯垢がたまり、歯周病になってしまうのです。

 

口臭が気になる場合はこの悪循環の元を絶てば、あるいは減らす事が出来れば、減らす事ができます。

 

おやつが大好きな子なら、口臭対策用のおやつに切り替える、また歯磨きが大変!という方はペット用の歯ブラシ、歯磨きシート、歯磨きおもちゃ、デンタルスプレーなど自分が楽だと思うものを使ってケアしてあげましょう。

 

ちなみに、ペットの歯石を削るスケーラーという物が売られていますが、こちらはあまりおすすめしません。

 

何故なら、削った後の歯には、大きな凹凸ができます。

 

目には見えないこのデコボコに、以前にも増して歯垢が溜まりやすくなる、というデメリットがあるのです。

 

ペット用に改良されたコート剤等がほとんど売られていない現状では、こうした専門的な施術は、安易に行わない方がいいでしょう。

 

 

TOPページ:ペットの消臭剤カンファペットの口コミ評判はこちらでチェック>>